arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

韓国:やっぱお友達ができると好きになる

今週、韓国取材で知り合ったお友達が来日。
和懐石と沖縄料理を食べに行きました(^∇^)

身を持って、つくづく思いましたが。
お友達ができると、その国が俄然!身近になりますね。
昨年、プライベートでソウルに行って、ぼったくりタクシーに会ったり飲食拒否されたりした一方、とてつもなく親切にされた思いが強く残ってましたが。
先月、仕事で行ったときも「コリアン・ホスピタリティ」には、かなり感動しました。
この「旅行」が核となる大交流時代、韓国の人たちって「May I Help You?」が自然にやってるのが非常に目に付くわけで。
実際わたしもこの「May I Help You」のお世話になりましたが、これってマジでいいな、と思うわけです。

行ってみないとこうした人の親切さは分からないもので。

そういえば、欧州では今、ドイツが人気の旅行地なのだと関係者。
きっかけは昨年のサッカーワールドカップ
大勢の欧州人が彼の地を訪れたところ。
「ドイツ人ってガチガチのカタブツじゃなくて、こんなにフレンドリーだったのか!」
こういうイメージが強くなったのだとか。

イメージいうか先入観ってやっぱり「ホント」ではないわけです。
これからは韓国、ソウルともっと真摯に向き合ってみようと思います。

と、いうわけで。
このガンコな私の価値観を大きく動かしてくれたソウルのお友達に大感謝!
また美味しいもの、食べに行こうね(^^)v