arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

韓国ソウル:65歳以上はお得です

帰国後、実家に電話かけたら、めずらしく父親から韓国のことをいろいろ聞かれました。
そういえば仏像とか寺院が好きなオヤジゆえ、どうもかの国の仏像とかお寺とか、慶州の文化遺産も見たいようです。

確かに以前国立博物館に行った折、純百済系の半跏思惟像なんかがあって、けっこう美しかったな~、と思いだします。
慶州もなかなか面白そうで、個人的には興味津津ですが。

で、そのときふと思い出したのが、韓国の地下鉄や美術館など国の機関。
65歳以上は無料なんですよね。

地下鉄は券売機ではなく、窓口のところに金網かごのザルがあって、そのなかに無料乗車用の白い地下鉄切符が入っています。
それを使えばただで改札入れます。
自主申告になりますが、これは利用者の良心、常識感ということで。
時折駅員さんがチェックしていますから、年より若く見える人は身分証明書とか持ってたほうがいいかも。

昌徳殿も65歳以上は無料でした。
たぶん国の機関なんかは無料で入れるんじゃないかと思うので、入口で確認してみてください。

そうなると、65歳以上で韓国の文化施設を含めた旅行をしようと思うと、結構割安になりますね。
宿泊と食事とお土産でいいんだもんな。

ただ、あまりにも韓流韓流、有名人だスターだドラマだ映画だとうるさい韓国。
どこに行っても相変わらず日本人観光客はみんなその筋に興味があるもんだと思われているのが、正直私のようにこれっぽっちも興味のない人間にはとても困ります。
まあ、卵が先か鶏が先かで、そういう部分にしか興味のない日本人ばっかりが多いせいだとも言えますが。

昌徳殿ももっと突っ込んだガイドをしてくれるのかと思ったら「この庭がチャングムのロケ地です」だもんな~(-_-;)
どーでもいいよ、そんなの。

日本人全員が韓流スターを知っているわけじゃないし、これじゃあ文化施設行ってもまっとうなガイドを期待できるのか…と、ちょっと心配にもなります、正直なところ。