arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

香港(2):ハーゲンダッツ&スタバの月餅

そう言えば9月、ということでそろそろ中華文化圏は中秋のシーズンでした。
九龍半島のスターフェリー乗り場付近には中秋のイルミネーションが灯っています。


町の菓子屋やレストランの店先には当然ながら月餅が並んでいます。



いわゆるあんこが詰まってずっしり重たい月餅から、クッキータイプの小ぶりでかわいいものなど、意外とバリエーションが豊富で驚きます。
時代が変わったのか、香港がお洒落なのか。
「花柄模様がついた直径5センチくらいのもの6個入り」なんて、東京の核家族向けみたい(^_^;)
香港の家庭事情も核家族化しているのでしょうかねぇ。

とにかくこの季節は食品関係のものを取り扱うところには必ず月餅あり、という感じです。
ペニンシュラホテルでも月餅を売っているそうですが、ここは人気であっという間に売り切れだとか。
さすがペニンシュラといいますか、見たかったのに、残念。

面白いのはハーゲンダッツスターバックスでも月餅を売っているところ。
おお!ここまでやるか!



ハーゲンダッツのものは、もちろん月餅型のアイスクリーム。
チョコレートやストロベリーなど、七つの色、七つの味のアイスクリームらしい。

スタバは月餅のようなケーキです。
コーヒーを買ったら試食させてくれたのですが、しっとりとして程良い甘さ。
でも、試食用の5ミリ切れだったので程良い甘さで済みましたが、現物はやはりずしっと重たい直径10センチ弱、厚さ3~4センチという、やはり月餅サイズ。
全部はきついかも…。

ひょっとしたらマクドナルドにもホットアップルパイよろしく月餅があるんじゃなかろうかと、ちょっと興味のあるところです。
いずれにしても、ハーゲンもスタバも中秋シーズンならではのメニュー。
こういう季節メニューもおもしろいかも。