arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

旅立ち前に:マスク・パニックとバイキン日本人??

豚インフルの騒ぎもようやく沈静化しつつあるような気配のなか、明日からバンコク出張です。
いやまったく、あのマスク騒ぎは日本人のパニック気質をいまさらながら改めて感じさせてくれました。
まるでいつぞやのオイルショックのときの便所紙騒動が蘇ります。
まあ、当時の我が家はボットン便所ゆえ、トイレットペーパーではなくチリ紙利用。
「いざとなったら新聞紙でも使えばいいだろ~!」って感じだったということもあり無縁な騒ぎでしたが。
にしても、学習しないなぁ、日本人(-_-;)

とにかく旅行関係の仕事をしていると、こうしたパニックには本当に振り回され、露骨に被害を蒙ります。
今回の豚インフル・パニックでも掲載見合わせなんて目に逢いました。
ちゃんと締め切り通り納品したのに…(T_T)
過去鳥インフルだ、SARSだ、9.11だ、タイの津波だなんだと、世界で何か起こるたびに波をかぶってきましたから、今回もまたか…とは思いましたが。

しかし掲載見合わせの理由の質が、明らかに過剰反応&パニックだったから情けなや…。
いや、仕方ないかとは思いますが、それにしても先方の決定というか反応がめちゃめちゃ早かった(-_-;)
以前プーケットの記事が掲載中止になったことがありましたが、それは帰国の一週間後に例の大津波が来たからでした。
現地は甚大な被害を蒙ったうえ、取材先も流されていたり、プールに車が突っ込んでいたりとめちゃめちゃ。
そんな状態で海外ウエディングだ、リゾートだ、レジャーだなんて状態じゃないということで、これは納得のいくものだったのですが、今回は別にインフル患者発症国の記事でも何でもなかったんですよね。
「とにかく“海外が”危険だから」「成田を経由するものは載せたくないのよ」という担当者の口調はもはや感情的。
しかもその直後に大阪で発症です。
「日本の旅行もやめときますかぁ?」なんて嫌味のひとつでも言いたくなりましたが、やはりこの世界不況なご時世、仕事のパイプは保っておこうとつい考えてしまったチキンです(^_^;)
因果な商売だわさ。

で。
今や世界的に豚インフル発症国と認識されている日本。
なんと今回の取材の打ち合わせのときに機内で配られている問診票を渡されてしまいました。
どうやら日本発着便については検疫を行っているとか。
ええ、やはりといいますか、日本人はバイキン扱いか??(^_^;)?

結局世界が狭くなっている以上、日本だけが安全なんてあり得ないんですよね。
逆におそらく世界一、そして病的なまでに清潔な国である日本だからこそ、菌が入ってきたらひとたまりもないだろうと思いますよ、今回のように。
というか、菌だって自然生物の一つである以上、新種が次々登場して当たり前。
奴らの生命力や繁殖意欲はニンゲンの比ではないのだからして。
エコだなんだ、自然保護、動物保護、というのなら、清潔病よりも菌を含めた生き物たちと上手に付き合う=予防しつつ共存する方向にアタマ切り替えたほうがいいんじゃないかと思います。
もう世界と縁を切って生きていくことなんてできっこないんだから、どこぞの北のヤバイ国じゃあるまいし。

引用が手前ミソですが『ウッふん』は菌と上手に付き合う知恵満載の名著です。

というわけで。
「バイキン日本人?」という「?」を付けて今回は出かけてきます(^_^;)
はたして世界の反応や、いかに…って、でも多分普通かと。