arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

皆既日食2009:日食+ガンダム→多少は豚のリカバリー?

日食に沸いた今日一日。
東京では0.75と皆既とは程遠い部分日食であるうえ、すっかり雨だったので、TVで見ました。
TVとはいえかなりの臨場感が伝わり(特に硫黄島の解説委員さん、プロですなぁ)、こりゃあ確かに現地にいたら相当に、間違いなく感動するだろうと思いました。
しかも今回はインドのバラナシ(ベナレス)でも見られたという。
「見たら人生観が変わる」という日食を「行けば人生観が変わる」というバラナシで見たら一体どうなるんだろう…とこちらの方にも非常に興味を惹かれました。
しかも来年はイースター島で皆既日食が見られると言う。
モアイと一緒に神秘体験…なんて、こりゃすごいでしょ。

で、この日食を観察するツアー、ずいぶん前から販売されていましたが、どのツアーもほとんど完売状態だったとか。
いったいいくらするんだと思って調べてみたら、トカラ列島のツアーで約37万円~41万円、にっぽん丸のクルーズに至っては40万円~約130万円!
すごいなぁ、こんなツアーが完売していたとは…。
ほとんど欧州旅行並みの価格です。
先の豚インフルの怒涛の風評被害で旅行業界が受けた超大損失をこれで多少は取り返せたのではなかろうかと少しほっとします。

そしてもうひとつ、旅行業界的にはほっとする話題が、お台場のガンダムなんですね。
ガンダム30周年の今年登場した18mの、いわゆるガンダム1/1モデルをホテルの窓から眺められる「ガンダム・ルーム」が相当に売れているのだそうです。
例えば日本旅行さんの販売するパッケージ、当初の予定を大きく上回り、すでに申込見込み150%を超えたとかという話をちらりと聞きました。
「豚インフルの大ショックを緩和できるほどウレシイ悲鳴らしい」とある旅行業界の方。
嗚呼、泣ける…。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみにホテル日航の場合、宿泊プランだけで1泊2万円台から約5万円弱!
5万といったら、ちょっとした有名外資系のホテルに泊まれてしまう価格ではないか!
同じ日航1泊で関西発JR付きプランで3万9200円~7万1000円とまあ、スケルトンの国内旅行にしては結構なお値段だと思うんですが、それでも売れてる。
主要顧客は今はお父さんとなったガンダム・パパ達で、子供を連れて夏休みの旅行がてら訪れるというパターンが多いのだとか。
「なんで??」「“がんだむ”と仮面ライダーはどっちが古いんだ?」と首をかしげる爺さん業界人の方もいらっしゃいますが、いや、これでこそキャラ王国・ニッポンのアラフォー親子の姿。
私はガンダムよりイデオンの方が好きですが、こういうイベントに行きたくなる気持ちはすっごくよく分かります。
ぜひついでにポケモンセンター・トウキョーにも行って、東京見物も楽しんでいってください。
この宿泊プラン、海外向けにも発信すればアメリカやフランス辺りからお客が来そうものだがなぁ。

でもこうして見ると不況だなんだと言っても、こういうプレミアム物、何年に一度系のものについてはちゃんと値段もお客も付くんですね。
お金は回さなきゃ経済滞りっぱなしで、不況も脱却できないんですから、業界の方々にはこうした千載一遇のチャンスを貪欲に使ってほしいもんです。
がんばれ~。
でもって、私にも仕事がたくさん回ってきますように(←本音)。