arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

新国立バレエ「ドン・キホーテ」:(2)と(3)と(4)の間

新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」、結局今回は4日間4キャスト全てを観たので、レビューはあと1回残っているのですが。

その前に。
6月23日に突如行われた米沢&厚地組「ジゼル」DVD発売記念サイン会と、6月29日厚地君最後の主演舞台の出待ちの模様を(笑)

●6月23日サイン会

いやもう、突然やられちゃいましたからねー。
もちろんやらないより、やってくれることはありがたいし、どんどんやって欲しいです。

でもね、ツイッター等々で「サプライズで行われました!」と、余りにしれっと書く新国さん……そりゃないわ……。
ファンの気持ちをもっとわかってくださいよ。
唯ちゃん厚地君がオフ日=両名のファンもオフなんですよ、基本的に。

というわけで、サイン会。
1幕後の休憩と終演後に行われました。









やっぱりこの2人は私的にはめちゃめちゃツボです。
2人ともキャラクターを深く掘り下げるなりきり系だから、だからこの2人の舞台はすごく面白いし、私はそういう世界がやっぱり大好きです。
ジゼルのDVD…もちろん生の舞台も見ているんですが、きっと再度悶絶する、間違いなく。





お疲れ様でした、と立ち上がったあと、撮影に応じてくれました。
急に決まってお休みなのに呼び出されたにもかかわらず、ありがとうございます。
嫌な顔ひとつ見せず、写真撮影に応じてくれたお2人、控え室への退場時(?)には、自然と拍手でお見送りとなりました。

●6月29日終演後出待ち

普段私は出待ちはしません。
過去に出待ちをしたのはヅカの某男役さんの引退公演と、震災後にズービン・メータさんが来日してチャリティ公演をしてくれた時、わざわざソウルにミュージカルを見に行った時の3回だけで、どれも「特別」なものでした。

特別というならこの日もどうしたって特別だー!厚地王子の出待ちなんて今日だけだー!ということで行きましたよ(笑)

そしてとても快くサインや撮影に応じてくれる厚地君はじめダンサーの皆様に感動。
疲れているだろうに…と思えど、充実感・満足感があったのかもですね。






一生懸命サインする横顔もカコイイ♪


あと、おまけ…と言っては大変失礼ですが。


福岡君。

ムーチョなエスパーダに自分でも満足だったのかもしれんよ!


唯ちゃん。

彼女は出番が1幕だけだったのに、最後まで見ていたんでしょうか。
熱心です。すごいわー。


川村さん。

ホントに角が取れたというか、丸くなったというか…。
すごくいろいろ変わったわ。驚きです。

というわけで、次回は4日目の寺田&奥村組