arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

Photo:オーシュの町とダルタニャン像

オーシュ(Auch)は南仏ガスコーニュ地方の中心都市。 近郊のルピアック村(Lupiac)で「三銃士」でお馴染のダルタニャンの実在のモデル、シャルル・ド・バッツ・ド・カステルモール・ダルタニャンの生まれたことから、町の入り口にダルタニャン像が建っています。 物語、というよりも実在のダルタニャンに沿っているのでしょうね。

教会ウォッチ。 町のカテドラルはサントマリー大聖堂。 15世紀に司教座が置かれ、この地方の中心地になりました。 ってこれは、15世紀までこの地方は中央からスルーされてたともいえるわけです(笑) それくらい辺境だったわけです。 聖ジェルメーヌという聖人(聖女)はこの地方で初めて見ました。 ガスコーニュの教会ではよく見かける聖女像です。

[foogallery id="679"]