arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」:新春にふさわしい幕開けで

f:id:artravel:20180924131517j:plain

1月6、7日、新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」を観てきました。 パ・ド・カトル、グランパ・クラシック、チャイコフスキー・パドドゥ、シンフォニー・イン・Cというプログラムで、(特に男性ダンサーは)限られた出演ではありましたが、新春にふさわしいクオリティで、楽しませていただいた公演でした。

続きを読む

オーストリア・チロルのクリスマス:12月6日を彩る聖ニコラウスとクランプス

f:id:artravel:20180924131504j:plain

さて、ヨーロッパではアドヴェント待降節)が始まり、いよいよクリスマスシーズンに突入。 世界各地でクリスマスマーケットが開かれ、WebやTwitterなどで華やかなイルミネーションの市場の様子が流れてきます。

■12月6日は聖ニコラウスの日

このアドヴェントのシーズンのなかで行われる、特に子供たちにとって大事な、そして心待ちにしているイベントのひとつが12月6日の聖ニコラウスの日です。 この聖ニコラウスの日、主にプロテスタント諸国やドイツ語圏(あるいはドイツ文化圏)での主要な年中行事で、つまりは「子供がプレゼントをもらえる日」なんですね。

続きを読む

清里フィールドバレエ「ジゼル」:リアルな森の中の夢幻舞台

f:id:artravel:20180924131507j:plain

夏の野外バレエ、清里フィールドバレエ、7月31日の小野&福岡組を観てきました。 本物の森を背景とした野外ステージでのバレエで、「ジゼル」ときたらそれは観たい。 しかも主演が小野絢子&福岡雄大ならクオリティに絶対間違いはない、と思い平日ではありましたが無理矢理行ってきたのですが、森の中の絢子姫は本当にウィリそのもので、感涙ものの舞台でした。 ジゼルはこれまでにも何度も観てきましたが、間違いなく絢子姫のジゼルは絶品です。

続きを読む

「ロマンシング・サガ The Stage ロアーヌが燃える日」/オタクが燃えた日々

f:id:artravel:20180924131501j:plain

●燃え&萌えは消えない!

舞台「ロマンシング・サガ The Stage ロアーヌが燃える日」、通称サガステ。
公式サイト:http://saga-stage.com/
あの名作ゲーム「ロマンシング・サガ3」の舞台化です。
いやもう、懐かしいのなんの!

続きを読む

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」(2):見直した! 超大健闘フレッシュペア

さてさて、5月12日の木村&井澤組の「眠れる森の美女」の感想です。

急遽見に行ったこの新人ペア、木村&井澤組ですが、これはひょっとしたら1人のダンサーの歴史的な舞台になるやもしれない、それくらい衝撃的なもので、「木村優里」の存在感を世に確実に印象付けたのではないでしょうか。

本来行く予定でなかったこの日に行こうと思ったのは、やはりその前の、木村さんのリラの精の出来映えが見事だったからです。

続きを読む

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」(1):新国の力が集結したドラマ

新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」、5月6日ワディム・ムンタギロフ&米沢唯、12日木村優里&井澤駿、13日小野絢子&福岡雄大、の3キャストを見てきました。 2014年の同公演で「また残念なものを……」と思っていたので最初はワディム&唯、絢子&雄大しか取っていなかったのですが、ワディム&唯組の時にリラの精で登場した木村さんが大健闘以上の出来で、これはオーロラも期待できるのではないかと無理して追加しました。 そしてこの木村さんがオーロラも想像をはるかに超えるほどにすばらしかったわけです。

続きを読む

新国立劇場バレエ団「シンデレラ」(3):米沢組と新人組と「三国鼎立」

f:id:artravel:20180924131420j:plain

アップしようと思ったら来シーズンのラインナップが発表され、予想はしていたがここまでひどかったかと激しく落胆し、こんなブログなんてもうやってらんねぇ!くらいの怒りと情けなさがこみ上げて、しばらく放置しておりました。 でも言いたいことは言いたいので、あげときます。

続きを読む