arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

韓国ソウル:凍る漢河と「韓牛バーガー」

「今日はこの冬一番の寒さです」
(また)そう言われてホテルを出ました。
もういつが、何がこの冬一番の寒さなのかわかりませんわ(^_^;)
わかるのはただ「めちゃくちゃ寒い」ということだけです。


漢河凍ってますよ、朝の8時。
車走ってたんで、ピンボケでスイマセンが。

で。
今日は移動で金浦空港へ。
地下鉄の金浦空港駅に着いたらなにやら充満するのは朝鮮人参の臭いです。
何で?

それはともかく今回のお題は朝鮮人参じゃなくて「韓牛バーガー」。
いや、確かにあっても不思議じゃないけどね。
遭遇場所は金浦空港ロッテリア
正式名称「韓牛プルコギバーガー」とある。
敢えてプルコギってのが、なんか商品開発の苦肉が伺えてしまいます。
でも空港にしてもバスターミナルにしても、マクドナルドよりロッテリアのほうが多いのはロッテ・ワールドの国だからでしょうかね(^_^;)

まあ冷麺とかビビンバとか食べてもよかったのですが、いい加減そういうのもずいぶん食べたし、そういえば韓国のファストフードはまだ体験していなかったな、ということでオーダーしてみました。


パッケージに牛の行列。
味は……まあ、本当に韓牛かどうかは信じるしかないですが…。

ただサイズはでかいです。

ボリューム的にも日本の普通のハンバーガーの倍はあるかも。
形は丸バンズというより気持ち楕円。
レタスやトマト、玉ねぎとか野菜がやたら多いのは気持ち嬉しいって気もしますが。
あくまでも気持ちだけ。
でもプルコギ食べる時にマヨネーズは付けないよな……(^_^;)

ちなみに価格はバーガー1個5000ウォン。
コーラやジュースとかソフトドリンクセットで5500ウォン。
ドリンクをコーヒーに変えると6300ウォン。
正直高いです、ハンバーガー。
タイでも高かったし、香港も安くはなかった。
でも、タイの屋台にしても韓国にしても、トッポギとか太巻きみたいに、お国のファストフードがあるわけですから。
何もこんなアメリカン・ジャンクなんて、好き好んで食べなくたっていいんですよね。

ああ、食べるんじゃなかった(本音)。