arTravel: art × Travel/旅×アート

ライターKababon(旅行、旅行業、舞台芸術);旅と舞台(主にバレエ、音楽)についての覚え書き

クロ・スロ・ハン冬(2):クロアチア/17人の小村スタラ・カペラ

クロアチアの首都・ザグレブから車で1時間半ほどのところにある村、スタラ・カペラ
人口17人という小さな村で、昔ながらの建物が残り「民俗村」として今売り出し中です。

100年ほど前に使われていた家や家畜小屋などを整備して、昔のままの家具を入れ、レストランや民宿などにしているほか、手工芸の様子やおばあちゃんの手作りの刺繍製品やジャム、お茶やポプリを売るお店がある…という感じ。



レストランで出されるクロアチア料理は手作りのサラミにロールキャベツ、揚げた豚肉料理に温野菜の付け合わせ…などなど。
典型的なメニューではありますが、美味いのですよ。



何と言っても味付けが他の欧州の国に比べるととても薄味で、日本人の口に絶対に合います!
付け合わせのニンジンのソテーだって、ただのソテーなのですがバターの風味が絶妙。




ザグレブなど北部クロアチアは白ワインの土地なのですが、これもまたさっぱりとした香り&味わいのものが多く、薄味の料理に非常によく合うのですね。

またこの村では民家での宿泊もできます。



ベッドルームにダイニングなど、民芸チックでとてもかわいらしい。
夜になると外は真っ暗で何もないのですが、好奇心旺盛な村の人達のおもてなしを目いっぱい受けて、一晩中飲んで踊って歌って…ということになりそうです。
周りは森や畑ですから、夏なんて緑に陽ざしに青空…と相当にキレイなのではないでしょうか。

昨今旅行地として人気のクロアチア
そのほとんどはドブロクニクやスプリットといったアドリア海沿岸沿いなのですが、内陸も違った個性がありそうです。